車の査定額|廃車状態のいらない車やバイクをお得に買取してもらおう
ロゴ

車査定をする前に自分の車の査定額を確認しよう

車の査定額

電卓

車の買取金額を下げてしまう要因

中古車の査定を行なった際に買取金額を下げてしまう要因が、エンジンなどの走行に直接関係する駆動系の劣化や、これまでに走った距離などがあります。平均走行距離というものがあり、車種によってもかわりますが大体5年で4万キロ10年で8万キロを基準にこれを超えているかいないかで買取金額が変わってきます。

廃車を走行距離できめない

日本車は世界から評価される程耐久性に優れています。軽自動車でも定期的なメンテナンスを行なえば10万キロを超えても現役バリバリで走っている車は沢山あります。普通乗用車だと更に長い距離を走ることが出来るでしょう。平均走行距離はあくまで車の耐久性をおおまかに表しているものなので、廃車を走行距離で決めてしまうのは間違いだと言えます。

査定額が高くなりやすい車ランキング

no.1

SUV

SUVとはスポーツ用に設計された多目的車の事で、特に4輪駆動で車高が高く設定されているものを指します。SUVは人気があり各メーカーから様々なモデルが発売されています。中でもTOYOTAのランドクルーザーシリーズやハリアーは安定して高額査定してもらえるでしょう。

no.2

スポーツ

スポーツタイプの車は中古車の流通台数が少なく、相場が安定して高いので買取金額も高くなります。中でも日産のGT-Rは常に買取金額が高く設定されています。

no.3

ミニバン

ミニバンは子どものいる家庭に人気があります。常に一定の需要があるので買取金額が安定しています。ホンダステップワゴン、TOYOTAのアルファードや日産のエルグランドは需要が高く、査定額も高くなるでしょう。

no.4

ステーションワゴン

ステーションワゴンはミニバンと区別がついていない方もいますが、主に2BOXで車高が低く設定されているものを指します。マツダのアテンザ、スバルのレガシィは人気があり買取金額が高いです。

no.5

コンパクト

コンパクトタイプの車は元々の販売価格が安く、中古車の流通台数も多いので買取金額が安くなりやすいです。ですが人気の高い日産のキューブマツダのアクセラ、スズキのスイフトは比較的買取金額が高く設定されています。

広告募集中